ニキビとは
ニキビとは


 ニキビは、毛穴にできる慢性炎症性の病気です。 皮脂が多く分泌される部位、顔、胸、背中などに多く生じます。
 医学的には、尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれ、そのうち顔面に発生するものを世間でニキビと呼んでいます。 ニキビは皮脂の分泌が盛んな状態で、毛穴の角質が厚くなり、毛穴がつまり、そこにニキビ菌(アクネ菌)などが増殖して生じた状態です。

 毛穴の傍らには脂腺という皮脂をつくるところがあり、皮脂は毛穴を通って皮膚の表面に分泌されます。
 ところが皮膚のターンオーバーが乱れると、表皮の角質が厚くなり、皮脂が毛穴につまりやすくなります。

 ニキビの始まりは、毛穴が詰まった状態で肌が少しふくらんでいます。 ニキビは放置しておくとどんどん症状が悪化し、炎症をおこしたり、化膿したりします。
 症状が進んでしまうと症状が治まっても、シミや赤みなど、いわゆるニキビ痕が残ってしまうので、早めの治療が必要です。


Copyright(C) 2009
ニキビ治療・にきび跡ケア

ニキビとは