赤ニキビ
赤ニキビ


 黒ニキビや白ニキビの状態が改善しないでさらに進行してしまうと、赤ニキビになってしまいます。 毛穴に溜まった皮脂を栄養にして皮膚の常在菌であるアクネ菌がさらに増殖します。
 そして多量の代謝物質を作り出して、毛穴の周辺の皮膚組織に炎症を起こし、赤くはれた状態です。

 赤ニキビになると多くの場合、痛みや痒みを伴います。 一般的に、ニキビと聞いて想像するのは赤ニキビであることが多いと思われますが、実はニキビが1番進行してしまった段階なのです。
 赤ニキビがさらに悪化すると膿をもってしまうこともあります。

 炎症とは、周辺皮膚組織を破壊していることなので、治ってもクレーター状の凹凸や色素沈着、赤みなど、ニキビ跡を残してしまう場合があります。
 一度赤ニキビになってしまうと、その毛穴に繰り返し再発します。 その度に起こる炎症で毛穴周辺の皮膚組織はどんどん崩れてしまうので、適切なスキンケアを行い、手や髪の毛などが触れないようにし、そっとしておくことが大切です。


Copyright(C) 2009
ニキビ治療・にきび跡ケア

赤ニキビ