化粧によるニキビ
化粧によるニキビ


 化粧品が原因になってできるニキビのことを、コスメティック・アクネと呼んでいます。 思春期にニキビが全然できなかった人でも、化粧を始めるようになってから、急にできてくることはよくあることです。

 ファンデーションには、肌の凸凹を目立たなくさせる目的で超微粒子の原料が多く使用されています。 朝早くから夜遅くまで1日中ファンデーションを顔に塗ったままにしていれば、毛穴がふさがれてしまい、当然ニキビ発生の原因になります。

 また、肌への密着をよくするために、油分も多く使用されています。
 その油分と肌から分泌された皮脂とが混ざったものが、紫外線、ストレス、ニキビ菌などが原因で酸化され、過酸化脂質へと変化します。 過酸化脂質が肌に刺激を与え、毛穴周辺の角質が厚くなり、ニキビが発生する原因になるのです。

 ニキビを防ぐためには、ファンデーションをできるだけ早く洗い落とすことが重要です。
 ニキビができているときは、なるべくファンデーションを塗らないようにするのが治療の早道です。


Copyright(C) 2009
ニキビ治療・にきび跡ケア

化粧によるニキビ