ニキビ痕の種類
ニキビ痕の種類


 ニキビが悪化してできてしまうニキビ痕には、皮膚を凸凹にさせるクレーターと色素沈着(シミ)があります。



■クレーター
 赤ニキビや化膿ニキビのように炎症が皮膚の奥の真皮層まで達すると、肌が陥没して表面が凸凹になったり、色素沈着をおこしてしまいます。
 ニキビの炎症や化膿がひどい場合は、再生能力の高い角質層よりも下の真皮層までダメージを受けてしまいます(真皮層とは肌の形を保持する役割を持っています)。 これによりクレーターができてしまうのです。
 クレーターが一度できてしまうと自然回復は難しく、一生残ってしまう場合もあります。



■色素沈着
 ニキビの炎症により皮膚細胞のメラノサイトを刺激を受け、紫色や茶色の色素沈着を起こします。
 紫色の色素沈着はヘモグロビンが原因で起こります。 ニキビが炎症や化膿を起こしたりした後によく見られます。真皮層が傷ついた状態です。
 茶色の色素沈着はメラニンによって起こります。メラニンはもともと肌を活性酸素や炎症から守る働きがあるのものですが、ニキビ跡の色素沈着の原因になってしまうのです。
 一度できてしまった色素沈着はなかなか消すことができません。


Copyright(C) 2009
ニキビ治療・にきび跡ケア

ニキビ痕の種類