正しい洗顔方法
正しい洗顔方法


 洗顔の回数は朝1回、夜1回で充分です。 汗をたくさんかく季節にはもう1回くらいプラスしても良いですが、皮脂を落とし過ぎないように石鹸や洗顔料はできるだけ使わないようにします。

 洗顔を始める前に手も清潔にしておきます。 手の汚れを顔に移してしまうのを防ぐためと、もう1つの理由は手に油分があると石鹸や洗顔料が上手く泡立たないからです。

 まずぬるま湯で顔を濡らします。 次に手に洗顔料または石鹸をとり、手のひらで充分に泡立てます。
 洗顔は手でゴシゴシ洗うのではなく、洗顔料の泡のクッションを利用して、汚れや皮脂を優しく包み込むように洗います。

 皮脂の多いTゾーン(鼻、額)から洗い始めます。 乾燥しやすい頬や目の周りは最後に洗います。
 ニキビは刺激に弱いので、ニキビのある部分は特に優しく洗います。

 すすぎはぬるま湯を使います。 冷たい水だと毛穴が収縮してしまい、汚れや泡が毛穴の中に残ってしまいます。

 洗い終わったらタオルで顔をゴシゴシこすらずに、上からポンポンと押さえるようにして水分を取ります。 タオルで肌やニキビを傷つけてしまうことのないように気をつけましょう。


Copyright(C) 2009
ニキビ治療・にきび跡ケア

正しい洗顔方法